借地権って難しい


不動産関連の法律などはとても難しく法律改正も多いので、素人が自分だけで扱うには難しいものもあります。そのなかの一つが借地権に関する取り扱いや売買でしょう。自分が一から借地権の契約をしたわけではなくても、自分の親が借地権付きの物件を持っていてそれを相続するなどして、借地権に関する手続きや売買に関係することもあるかもしれません。そのような時に借地権に関する正確な知識がないと貸主と借主の間の人間関係などに問題が生じることや、損をするような決定をしてしまうかもしれません。借地権に関する取り扱いは難しいので基本的に不動産屋や弁護士など専門家の手助けやアドバイスを元に扱っていくことが賢明でしょう

土地そもそも借地権という言葉自体聞きなれないという方もいるでしょう。簡単に説明すると借地権というのは、地主さんの持っている土地を借りてそこに建物を建てられる権利のことです。ですから土地は地主さんのもの、でもその土地に建っている建物や自分のものということがありうるということです。

地主がその土地を他のことに使いたくなって、使用者に出ていってほしくなったものの、当事者は借地権があるためそこから退去することの望まないという場合などに色々と揉め事が起こることもあります。借地権付きの物件を持っている場合にそれを売却したいということもあると思いますが、借地権の売買などが絡むとますます取り扱いが難しくなるので専門家の手助けが必要になるでしょう。