底地取り扱い業者とは


家借地権の売買に関しては不動産を専門に扱う業者としてもとても難しくトラブルも多いため、借地権売買を扱う業者というのも限られています。借地権の売買を扱っている不動産業者のことを底地取り扱い業者と呼び、知識のある専門家が対応にあたってくれます。

借地権付きの建物を売買しようとする場合、建物自体は確かに自分の物でも、土地は借り物ということになりますので、その建物を売却することに関して土地の地主さんが反対するということも考えられます。権利関係が複雑なので自分ひとりですべての交渉や手続をしていくというのが難しいものとなっています。

やはり借地権の売買において難しいのは地主との交渉です。地主さんと親しい仲でお互いの話し合いで話しが進められるような場合は良いかもしれませんが、そうでない場合は底地取り扱い業者の不動産屋を仲介として挟んだほうが賢明です。こうした借地権の売買に精通していない不動産会社を選んでしまうと余計にトラブルに発展してしまう可能性がありますので、十分に借地権売買の取り扱いに関する実績を積んでいる不動産業者を見つけることが大切になります。トラブルになりやすい案件なので不動産屋選びから慎重になりましょう。

 

無料相談を利用

不動産借地権の売買やそれに伴う交渉やトラブルを解決していくためには正確な知識と経験がものをいいいます。底地取り扱い業者は全体の不動産業者の数に比べて少ないものの、なかには弁護士でも解決が難しかった事例を解決できたような知識も経験も豊富な底地取り扱い業者も存在しています。

底地取り扱い業者でも最初の相談に関しては無料で話しを聞いてくれるところもあります。さらに無料のサービスの段階でそれなりの提案などまでしてくれるところもあるので、借地権の売買に関して悩んでいる方は気軽に底地取り扱い業者の不動産屋に相談するようにしましょう。

また不動産業者というのはそれぞれ得意なジャンルがあり、売買の仲介に強かったり、あるいは底地の買取を積極におこなっていたり、管理を主に生業としていたりと様々です。まずは無料の相談をしてみてどのような対応をしてくれるか探ってみると良いでしょう。料金的なことだけでなく色々なことを正直に話してくれる業者は信頼できますし、こちらの要望になんとかして応えようとする姿や、力になってくれようとする姿勢を見せてくれる業者を選ぶようにしたほうが良いでしょう。借地権というのは財産の一つですから慎重に管理し、売買に関してもよく考えて事を進めましょう。

借地権って難しい


不動産関連の法律などはとても難しく法律改正も多いので、素人が自分だけで扱うには難しいものもあります。そのなかの一つが借地権に関する取り扱いや売買でしょう。自分が一から借地権の契約をしたわけではなくても、自分の親が借地権付きの物件を持っていてそれを相続するなどして、借地権に関する手続きや売買に関係することもあるかもしれません。そのような時に借地権に関する正確な知識がないと貸主と借主の間の人間関係などに問題が生じることや、損をするような決定をしてしまうかもしれません。借地権に関する取り扱いは難しいので基本的に不動産屋や弁護士など専門家の手助けやアドバイスを元に扱っていくことが賢明でしょう

土地そもそも借地権という言葉自体聞きなれないという方もいるでしょう。簡単に説明すると借地権というのは、地主さんの持っている土地を借りてそこに建物を建てられる権利のことです。ですから土地は地主さんのもの、でもその土地に建っている建物や自分のものということがありうるということです。

地主がその土地を他のことに使いたくなって、使用者に出ていってほしくなったものの、当事者は借地権があるためそこから退去することの望まないという場合などに色々と揉め事が起こることもあります。借地権付きの物件を持っている場合にそれを売却したいということもあると思いますが、借地権の売買などが絡むとますます取り扱いが難しくなるので専門家の手助けが必要になるでしょう。